犬の体調に合わせた手作り食への移行

手作り食は手間がかかりますが、犬の体調に合わせた食材を使えるのが魅力です。

 

ドックフードでは、よく水を飲む犬の場合は問題ありませんが、あまり、水を飲まない犬の場合は水分が不足しがちになります。

 

手作り食なら、食材自体に水分があるので、自然にその分をカバーできるのです。


手作り食の食材

お肉ばかり、野菜ばかりなどの栄養の偏りがないようにしましょう。ただし、細かく分量を計算する必要はありませんが、下記の食材をまんべんなく与えましょう。

 

また、毎日、同じメニューでは犬も飽きてしまいます。バラエティに富んだ食事を心がけましょう

 

1度の食事で、それぞれのグループから1品など入れて食事を作るのが理想ですが、1日の食事で各グループから1点と考えてもいいです。

 

穀物類(炭水化物)

米(玄米がよい)、麺類、雑穀、さつまいも、など。

 

肉類

鶏・牛・豚のほか、各種の魚や乳製品、卵など。

 

野菜類

ニンジン、かぼちゃなどの緑黄食野菜と、大豆や大豆製品、きのこ類、海草など。

 

その他

油を使うときはオリーブオイルなどの植物性のものをあげましょう。オリーブオイルは人間の体にもよいものです。また、削り節、煮干などを香り付けにしてくわえると食いつきがよくなります。

 

ドックフードから手作り食へ移行

ドックフードから手作り食への切り替えは、すぐに行っても大丈夫です。

胃腸が手作り食になれずに、一時的に下痢になる場合もありますが、すぐに回復します。

 

下痢が気になる場合や、ドックフードのほうが、よく食べる場合は、一ヶ月ほどかけて、少しずつ手作り食の割合を増やし行きます

オヤツ代わりに野菜を与えていくと、スムーズに移行できます。

スポンサーリンク

関連ページ

鶏肉と根菜の混ぜご飯レシピ
犬ごはん作るうえで「ゆでる」ことで、メインにしたレシピです。「根菜は水からゆでる」「青菜は熱湯からゆでる」「肉や魚を茹でるときはアクをとる」などの犬ごはんの基本が含まれています。
豚肉と昆布の煮物レシピ
おいしい「だし」が出るお肉や昆布、しいたけと一緒に煮れば、煮汁まで、きっちり食べてくれます。水分をたっぷり摂れます。
蒸す犬ごはんレシピ|白身魚と野菜の重ね蒸し
肝臓、腎臓が悪い犬には市販のドックフードではなく手作りのご飯やおやつを作ってあげたほうがいいのです。また、病気予防にも役立ちます。でもどうやって?と疑問もわくと思います。そのレシピを紹介しましょう。
牛肉入りサラダ手作りレシピ
食品に含まれる酵素は火を通すと壊れてしまいます。牛肉が食べられる犬なら大喜びです。牛肉や卵は新鮮であれば生でも菌などの心配はありませんが、食べなれていない犬は下痢をすることがあります。
1回の食事量と与える回数
手作り犬ごはんを作る前の心構えは、犬の食事を手作り食にすることにより、色々な食材を食べることになり、自然と栄養バランスが取れる様になります。どうしても時間がないときには、無理せず市販のドックフードを与えましょう。