蒸す犬ごはんレシピ|白身魚と野菜の重ね蒸し

蒸す犬ご飯基本レシピ

蒸すことで栄養素の損失が少なくなり、素材によっては甘みを増すのでおススメです。

 

十分に蒸気が上がってから蒸す

蒸し物の基本は蒸し器を火にかけてから、十分に蒸気が上がってから、食材を蒸します
蒸気が上がっていない状態で蒸すと食材に火が通りにくく、水っぽい仕上がりになるので注意しましょう。

 

耐熱容器に並べる

食材を蒸すときは、耐熱容器に並べて蒸すのがポイントです。耐熱皿に残った蒸し汁もおいしいので、そのまま犬ごはんにかけましょう。与えるときは必ず冷ましてからあげましょう。

 

アルミホイルで包んで蒸しても

耐熱容器がないなら、アルミホイルに包んで蒸したりするのも、変わらずおいしくできます。


白身魚と野菜の重ね蒸しレシピ
材料
  • 白身魚(タラなど、骨などは取り除く)
  • 白菜
  • さやいんげん
  • ニンジン
  • サトイモ
  • ワカメ
  • アマニ油

 

作り方
  1. 材料はすべて食べやすい大きさにきる
  2. サトイモは切ってから塩をまぶしてこするとぬめりがとれるので、とった後に水で洗う
  3. 材料を耐熱皿やアルミホイル・オーブンシートにのせて蒸し器で蒸す
  4. 仕上げにアマニ油をかける
スポンサーリンク

関連ページ

手作り食への移行
手作り食は手間がかかりますが、犬の体調に合わせた食材を使えるのが魅力です。手作り食なら、食材自体に水分があるので、水をあまり飲まない犬のも、自然に水分をカバーできるのです。
鶏肉と根菜の混ぜご飯レシピ
犬ごはん作るうえで「ゆでる」ことで、メインにしたレシピです。「根菜は水からゆでる」「青菜は熱湯からゆでる」「肉や魚を茹でるときはアクをとる」などの犬ごはんの基本が含まれています。
豚肉と昆布の煮物レシピ
おいしい「だし」が出るお肉や昆布、しいたけと一緒に煮れば、煮汁まで、きっちり食べてくれます。水分をたっぷり摂れます。
牛肉入りサラダ手作りレシピ
食品に含まれる酵素は火を通すと壊れてしまいます。牛肉が食べられる犬なら大喜びです。牛肉や卵は新鮮であれば生でも菌などの心配はありませんが、食べなれていない犬は下痢をすることがあります。
1回の食事量と与える回数
手作り犬ごはんを作る前の心構えは、犬の食事を手作り食にすることにより、色々な食材を食べることになり、自然と栄養バランスが取れる様になります。どうしても時間がないときには、無理せず市販のドックフードを与えましょう。