煮る犬ごはんレシピ|豚肉と昆布の煮物

煮るご飯基本レシピ

おいしい「だし」が出るお肉や昆布、しいたけと一緒に煮れば、煮汁まで、きっちり食べてくれます。水分をたっぷり摂れます。

 

昆布や肉などの食材

犬ご飯は調味料を使わないので、おいしく仕上げたいなら、昆布や肉、干ししいたけなどの「だし」が出る食材を使って一緒に煮込みます。うまみ成分が食欲をそそります。

 

箸が通るまで煮る

犬は煮え加減が、どれくらいなら適切なのか、わからないものですが、基本的に人間と同じです。箸や竹串を食材にさして、簡単に通るようなら、煮上がりの目安としてください。よく冷ましてからあげます。

 

とろみはくず粉を使って

犬ご飯をつくるとき、とろみをつけると、犬は食べやすくなります。とろみは、人間の食事なら、片栗粉をつかいますが、こと犬ご飯はくず粉を使いましょう。

 

くず粉は、消化しやすく、胃腸をととのえる働きがあります。とろみをつけた犬ご飯はよく混ぜ合わせましょう。


豚肉と昆布の煮物のレシピ
材料
  • 干ししいたけ
  • 豚肉のもも、もしくはロース(脂身を取り除く)
  • 刻み昆布
  • さつまいも
  • ニンジン

 

作り方
  1. 干ししいたけと刻み昆布は水で戻して、食べやすい大きさに切る。このときの戻し汁はとっておく。その他の材料も一口大にきっておく。
  2. 材料と戻し汁を鍋に入れて、材料が隠れるくらいの水をくわえて強火にかける。
  3. 煮立ったら弱火にして、野菜が柔らかくなるまで煮る、アクが出たらとる。
スポンサーリンク

関連ページ

手作り食への移行
手作り食は手間がかかりますが、犬の体調に合わせた食材を使えるのが魅力です。手作り食なら、食材自体に水分があるので、水をあまり飲まない犬のも、自然に水分をカバーできるのです。
鶏肉と根菜の混ぜご飯レシピ
犬ごはん作るうえで「ゆでる」ことで、メインにしたレシピです。「根菜は水からゆでる」「青菜は熱湯からゆでる」「肉や魚を茹でるときはアクをとる」などの犬ごはんの基本が含まれています。
蒸す犬ごはんレシピ|白身魚と野菜の重ね蒸し
肝臓、腎臓が悪い犬には市販のドックフードではなく手作りのご飯やおやつを作ってあげたほうがいいのです。また、病気予防にも役立ちます。でもどうやって?と疑問もわくと思います。そのレシピを紹介しましょう。
牛肉入りサラダ手作りレシピ
食品に含まれる酵素は火を通すと壊れてしまいます。牛肉が食べられる犬なら大喜びです。牛肉や卵は新鮮であれば生でも菌などの心配はありませんが、食べなれていない犬は下痢をすることがあります。
1回の食事量と与える回数
手作り犬ごはんを作る前の心構えは、犬の食事を手作り食にすることにより、色々な食材を食べることになり、自然と栄養バランスが取れる様になります。どうしても時間がないときには、無理せず市販のドックフードを与えましょう。