犬に食べさせてはいけない危険な食べ物

犬はもともと雑食性なので、肉や魚、野菜も食べます。しかし、なんでも食べさせてよいというわけではありません。

 

犬が食べると体調を崩したり、中毒を起こす食品もあります。


犬に食べさせては危険な食品

少量であれば犬の体に問題がない場合もありますが、極力、食べさせないでください。

 

ネギ類

たまねぎ、長ネギ、ニラ、にんにくなどには、犬の赤血球を破壊する成分が含まれています。大量に食べてしまうと貧血になる可能性があります。加熱しても、食べさせないほうがいいです。

 

たとえば、肉じゃが、肉の味が付いているので、たまねぎも食べてしまいます。人間の残り物は極力さけたいところですが、あげる場合にはたまねぎは取り除いてください。

 

甲殻類

たこ、イカ、カニ、えびなどの甲殻類は、消化が悪く下痢を引き起こすこともあります。

 

生の豚肉、生魚、生卵、骨

「よく豚肉には寄生虫があるからよく火を通して」といわれますが、犬にとっても同じです。生卵は常食すると、皮膚炎になる可能性もあります。骨でも鶏の骨、割ると鋭利に裂けるため、消火器に刺さる可能性があるのです。

 

菓子類

菓子類は肥満の原因になります。特にチョコレートはショック状態になる可能性があります。キシリトール入りのガムやお菓子、低血糖になります。カフェイン入りやアルコールなどは中毒症状の危険があります。


犬に塩は不要?

一般的には犬の腎臓に負担をかけるため、塩は与えないほうがいいといわれます。しかし、実際には適度に与えたほうが、犬も元気になります。

 

大量に塩を摂取しないがきりは、不要な分は排尿してしまいますが、犬に必要な1日の塩分は、人間の必要量の1/3です。人間が食べるハムやソーセージを犬にあげていると、当然、塩分とりすぎになり、心臓や腎臓に負担をかけてしまいます。

 

多少でも、塩分があると思った食品を与えた場合には、水分を十分に与えましょう。

 

特に人間の食事の塩分は犬にとっては多すぎるので、人間の食事の残りなど与えないようにしましょう。

 

牛乳は犬に与えていい?

これは諸説あって、実は、犬は牛乳に含まれている乳糖を消火器官で分解できないので、下痢の原因になる場合があります。しかし、犬の乳でも若干、乳糖が含まれています。

 

 

これは環境省のガイドラインに掲載されている図ですが、このように、犬の乳(ミルク)には、牛乳に比べると、脂肪分が多く、乳糖が少ないのです。

 

そのため、牛乳は基本的にあげないほうがいいでしょう。犬にミルクをあげたいと思うなら、市販されている犬のミルクをあげましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

ドックフード選びのポイント
手作りご飯は面倒だと思うなら、総合栄養食と記載されたドックフードを選択しましょう。総合栄養食は、そのドックフードと水があれば、健康的に暮らしていけるというものです。
成長による食事内容
犬は年齢ごとに成長のスピードや必要となる栄養が違ってきます。犬の成長ぐあいにあわせて、食事の量や回数、内容を変更していくことが必要です。
犬の食事療法|気になる症状が出たら
最近、元気と食欲がない愛犬・・・犬に気になる症状が出てきたら、まず、動物病院へ行きましょう。犬がなんらかの病気になっていたら、医師のアドバイスをもとに、食事面でも健康になるようにサポートしましょう。